勉強力アップ術 合格力アップ

合格する受験生が自然にやっている7つの勉強テクニック

更新日:



センター試験や私立入試・

国立二次試験で高得点を取り、

第一志望にぶっちぎりで

合格したいのは

全ての受験生が共通して

思っていることだと思います。

 

そこで今回は結果に繋がるための

7つの勉強テクニック

ご紹介したいと思います。

 

この7つの学習法をご紹介する上で

あなたが身につくものは

下記の3点です。

 

日常的にできる学習テクニック

応用の利く「答え」の覚え方

短い受験生活で最大の効果を

発揮する学習法

 

1.実践に入ってから参考書を使う。

 

実践とは各科目の問題演集です。

受験勉強では、問題演集が重要になる

ことは言うまでもありません。

 

覚えたことを正答に繋げる

には練習が必要ですし、

各大学の出題傾向を

知るためにも欠かせません。

 

なので参考書は分からない時

のためにとどめ、

問題演習を重視することが

合格への近道となるでしょう。

 

賢い人、すなはち

受験で成功を収める人は

「結果につなげるための勉強」

を意識するため重視すべきは

問題演習で、

参考書は分からない時の

最終手段として

用いるようにしています。

 

環奈(高3)
参考書ばかり勉強するのも注意が必要なのですね!

 

マキノ(高3)
重要度は問題演習>参考書なんやな!

 

カメ吉
そうです!賢い受験生は戦略を立てながら、 限られた受験生活で最大限結果を出そうと意識しているのです!

 

 

ポイント1.

複数の科目を強いる受験では、

参考書から問題演習にはいるよりも、

問題演習から入って、つまづいたら参考書に戻る

ほうが理解も勉強スピードも速い。

 

2.すぐに答えを見る

 

受験勉強で問題演習に取り組む際、

分からない問題を解こうと

いつまでも時間をかけるとしたら、

 

受験で失敗する要因としてありがちな

「真面目な性格ゆえの落とし穴」

ハマっている可能性があります。

 

受験で成功する賢い人は

問題文を読んで

「知らない」「分からない」

と判断したらすぐに答えを見ます。

 

受験は答えへの道筋を熟察するよりも

それに至る解法をとにかくたくさん

暗記するようにしましょう。

 

つまり

正しい解法パターンを

大量にインプットすることで

応用が利くようになる

ということです。

 

ただしこの方法が良い方向に

作用するのには条件があって、

 

解法パターンが存在し、

それに当てはめれば解ける

科目・問題に限られます。

 

すぐに答えを見るメリット

 

この方法のメリットは、

短時間で大量の

インプットをすることで

問題演習にかかる時間を

大幅に短縮できる点です。

 

知識がない状態で初めて

出会う問題に出会うのですから、

知らない問題にいつまでも

頭を抱えていても、

解けるはずがないのです。

 

時間をかけ続けると

脳は疲れてしまいますし、

何より時間がもったいないです。

 

それよりも、

「この問題は知らない」

「全く解法が思いつかない」

と判断したらすぐに答えを確認して

その解説を見た方が良いです。

 

そこでオススメの勉強法は、

問題集から解答・

解説箇所を取り出して、

すぐそばに置き、

「分からない」⇒「答えを見る」

⇒「解説で解法と理論を知る」

この3段階で素早く

取り組むことです。

 

このように問題演習を素早く進めて、

何周も繰り返し復習した方が

記憶の定着スピードも上がります。

 

 

ポイント2

「分からない」なら、

すぐに答えを見る。

この方法のオススメ勉強法は、

分からない」⇒「答えを見る」⇒「解説・理論を知る」の3段階で取り組んで問題集を繰り返す。

 

3.「答え」と「理屈」の2点セットで覚える

 

カメ吉
ここで問題です。

 

マキノ(高3)
急すぎてワロタwww

 

カメ吉
マクドナルドの看板のMの背景は何色でしょう?

 

マキノ(高3)
茶色!

 

環奈(高3)
赤色ですよね?

 

カメ吉
環奈が正解です。

 

マキノ(高3)
ギャーww

 

 

カメ吉
環奈はどうして赤色と分かったのですか?

 

環奈(高3)
普段車に乗っているときに看板を見かけるので覚えていました!

 

カメ吉
なるほど!ではどうしてマクドナルドの看板の背景が赤色か分かりますか?

 

環奈(高3)
ん~・・・分からないです。

 

カメ吉
赤色は食欲をかきたてる効果と満腹になった状態で赤色を見ると帰りたくなる効果があるのです。 このようにしてお店に入ってくるお客さんを増やしたり、お店の回転率を上げているのですよ!

 

この会話で何が言いたい

のかというと、

こうして理由や原理を

知ろうとする習慣は、

勉強にも応用できるということです。

 

答えだけを暗記しても、

時間がたつと徐々に

記憶が薄まっていきます。

ですが答えの理屈を理解していれば、

おそらく

一生間違えることはないでしょう。

 

ポイント3

問題演習が中心となる受験勉強でも、

「どうしてそれが正解なのか」と理由を知って、

自分は理屈のどこを勘違いしているのかを理解する方が効果的。

そのため問題集の答えに書いてある「解説」に焦点を当てるほうが重要である。

 

4.「間違い」を記録する

 

さきほどの3で

「答えと理屈の2点セット

の方が覚えやすい」

というお話をしましたが、

より効果的に勉強する方法が

「間違えを記録すること」です。

 

ポイントは問題集に取り組んだ日、

問題番号やページ

間違えた誤答と正答を記録する。

それに併せて

間違えた理由と感情を書くことです。

 

ポイント4.

この記録を残すことによって、

うろ覚えな部分やよく理解していない箇所、

自分がやりがちなミスの傾向なども明確になり、より記憶に残りやすくなる。

 

5.短期集中型

 

志望校によりますが、

受験は多くの科目を

勉強しなければいけないのは

周知だと思います。

 

そのため

受験では忘れることとの戦いです。

 

一科目ずつじっくり勉強すると

以前勉強した科目を

さっぱり忘れてしまう

ということになりやすいです。

 

そこで、

短い時間で科目αをやりながら、

科目βもやり、科目Δも科目x

もやる。

 

どの科目も忘れないように、

同時進行で勉強する必要があります。

 

これをギア勉強法

名付けることにします。

 

 

ギアのように複数科目を同時に回し、

さらに同じ範囲を

短期間に繰り返すことで

忘れることを防ぐという勉強法です。

 

英単語暗記が良い例です。

 

100単語を覚える場合、

毎日10個×10日覚えるより、

毎日100個×10回復習

の方が記憶に定着しやすいです。

 

このギア勉強法には、

先程紹介した間違い記録との

併用が向いています。

 

なぜなら解く時間を効率よく

短縮できるからです。

 

勉強を始めたばかりの時期は、

全科目・全範囲の問題を解くのに、

一周するだけで

相当な時間を要しますが、

 

間違いを記録することで、

解くべき問題数が

確実に減っていくので、

一周するのにかかる時間も

3分の1に

短縮できるでしょう。

 

ギア勉強法で全科目の問題集を

10周できるようにしましょう!

 

マキノ(高3)
ギア勉強法しっかりメモしときやす!

 

ポイント5.

ギア勉強法×間違い記録=効率的に記憶定着!

 

6.テキスト文章を自分の言葉に言い換え

 

カメ吉
教科書や参考書を読んで、 重要な部分をアンダーライン や蛍光ペンで線を引く。 誰しもがやりがちなこの行為は実は 学習効果を下げる危険があることをご存知でしょうか?

 

マキノ(高3)
知らなかった!

 

環奈(高3)
どうして学習効果を下げるのでしょうか?

 

カメ吉
理由は、線を引くこと自体がいつのまにか「目的」になってしまい、 理解や覚えることから離脱しやすいからです。 線を引く安心感で、復習を怠ることからも学習効果を下げる要因ということが分かるでしょう。

 

そこで、

マーカーの欠点を補う方法として、

書き込む方法があります。

 

このポイントは、

重要箇所を自分の言葉で

言い換えて読むことです。

 

言い換えることで重要な文章内容と

向き合うことで

理解力も上がりますし、

書くことが記憶になって、

内容を思い出せる確率も上がります。

 

ただ、分厚くてページ数の

多いテキストの場合、

書き込む勉強法をしていると

膨大な時間がかかってしまいます。

 

その際は、

本当に重要だと思う箇所

苦手箇所

深い理解を要する部分に絞った

書き込み方にしましょう!

 

ポイント6.

テキストの重要な部分は

マーカーじゃなく、自分の言葉を書き込んで言い換えよう。

もしテキストが分厚くて時間がかかりそうなら、苦手箇所・最重要箇所などに絞る。

 

7.テキストを図解化する

 

一般的なノートの取り方は

「重要な文章を抜き出して書く」

もしくは

「キーワードを箇条書きする」

だと思います。

 

しかし賢い人(受験で成功する人)は

一般的なノートの取り方とは違って、

キーワードを視覚化

して書いています。

 

このように図で表せば、

直感的に理解しやすいですし、

復習する際も瞬時に理解できます。

 

図による視覚化とは、

重要なものを一枚の図に落とし込む

論理構造を作る事です。

 

文字を書くのは時間がかかります。

復習するときも、

再び読むことが必要で、

やはり時間を要するでしょう。

 

また、

キーワードを箇条書きにするのみだと

書く時間は短縮できますが、

言葉だけの情報だけだと、

それらの本来の意味を

忘れている可能性があります。

 

一方図による視覚化は、

キーワード同士を線や

矢印でつなぐだけですし、

箇条書きに比べても

さほど時間はかかりません。

 

復習するときも、

「見る」だけで関係性や

意味が瞬時に理解できます。

 

ポイント7.

重要な箇所は図で表すことで、理解が深まると同時に、

より記憶に定着しやすくなる。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

前回の記事では努力の継続の仕方を

7つにまとめましたが、

今回は

学習テクニックをまとめました。

 

 

どれも簡単に実践できると思うので、

今日からぜひ勉強に

取り入れてみてください!

 

これから寒くなってくるので、

風邪を引かないようにしてくださいね!

 

あとこの記事が良かったと思ったら

どんどんシェアしてください

 

では! カメ吉







  • この記事を書いた人
カメ吉

カメ吉

カメ吉ネット塾を運営しているカメ吉です。現在立命館大学在学。多角的な視点から、受験生へ価値ある勉強法を提供します。

-勉強力アップ術, 合格力アップ
-

Copyright© カメ吉ネット学習塾 , 2018 All Rights Reserved.