生活習慣改革

効率的な睡眠をとる秘訣

更新日:



こんにちは、カメ吉です!

 

お昼の時間になりましたね。

勉強をしている皆さんは

お昼ご飯を食べて

休憩している頃でしょうか。

 

ご飯を食べる前は

しっかり勉強しましたか?

 

空腹状態のときは

脳が活性化して

記憶力が向上するので

追い込みは食事前にかけましょう!

 

さらに脳が活性化する

状態を知りたい受験生の方は、

記憶力アップにつながる3つの秘訣

をぜひ読んでみてください!

 

さて今回は

効率的な睡眠を取る秘訣

について教えていこうと思います。

 

 

 

成績アップは”睡眠がカギ”

 

効率的な睡眠をとることで

あなたの勉強で蓄えた知識は

脳が整理整頓してくれます。

 

前回、海馬からある条件で

脳を活性化させるシータ波

発生することを説明しました。

 

シータ波が発生しているときは

記憶力が飛躍的に向上します。

 

お昼にもシータ波が

発生するのですが、

 

一日の中で

一番シータ波が発生するのは

実は寝ているときなのです。

 

テストの実験で

 

一夜漬けをして勉強した場合と

勉強して6時間睡眠をとった場合に

点数がどうなるか調査したところ、

 

睡眠を取った場合の方が点数

がより向上することが分かりました。

 

覚えた量の知識は同じです。

 

寝ることによって覚えた

記憶の知識の質が向上することで、

成績アップに差が出たのです。

 

ここからわかることは

睡眠を取ることで

脳は知識を「使える状態」

にしてくれていることです。

 

睡眠を取った方が、

有効に知識を用いることが出来る。

 

成績アップにつながるのは

睡眠が重要ということが分かりますね!

 

不眠症の人はどう対策をとるべきか

 

睡眠が重要と

理解している人は

 

反対に緊張して

「寝れなくなったら

どうすればよいのだろう」と

 

不安になってしまい

寝れなくなっちゃう人も

いるのではないでしょうか。

 

安心しましょう。

 

重要なのは

脳に整理整頓させる

時間を与えることです。

 

日々脳は五感で感じた

膨大な情報を脳で処理しています。

 

なので脳に知識の

整理整頓をさせるときは

 

寝れなくても

部屋を真っ暗にすると同時に、

テレビや音楽を消し

目をつむっていれば良いのです。

 

そうすることで安心して

眠りにつくという方も

いらっしゃるそうです。

 

寝れなくなって

無理やりコーヒーを飲んだり、

参考書を手に取るのではなく

 

脳の休息時間を

与えることが

重要なんです。

 

睡眠学習による効果の有無

 

英単語の音声を

流して寝るなどの

睡眠学習は効果がない

ことが証明されています。

 

とにかく脳に情報を

与えるのではなく、

 

脳に蓄えた知識を

整理整頓させてあげましょう。

 

今回は以上でお話を終わります。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

カメ吉







  • この記事を書いた人
カメ吉

カメ吉

カメ吉ネット塾を運営しているカメ吉です。現在立命館大学在学。多角的な視点から、受験生へ価値ある勉強法を提供します。

-生活習慣改革
-

Copyright© カメ吉ネット学習塾 , 2018 All Rights Reserved.