成績アップ

成績を圧倒的に引き上げる1日の効果的な勉強法

更新日:



おはようございます、カメ吉です!

 

さて今回は、1日の効果的な勉強法

についてお話をしていこうと思います。

 

この記事では効果的な勉強法を

24時間のスケジュールで考えます。

 

どの時間帯にどの科目の勉強をすればいいのか。

これに疑問を持つ受験生の方を良く見かけます。

 

そこでここでは、

記憶力アップにつながる3つの秘訣

効率的な睡眠を取る秘訣で説明した

知識を踏まえて説明をしていきます。

 

読んでいない方は一度目を通して

この記事を見てくださると

より効果的です。

 

1日の効果的な勉強法の5つの条件

 

1日の効果的な勉強法を行うのに

必須の5つの条件について

僕なりに考えてみました。

 

 

1.空腹時は記憶力アップの時間なので勉強時間。

 

2.寝る直前も勉強時間。

 

3.昼食・夕食後は勉強をしない方が良い。

自分のリフレッシュできる時間に充てる。

 

4.午後眠たくなったら、遠慮なく昼寝をする。

 

5.もし昼寝をするなら、昼寝直前は勉強時間。

 

この5つの必須条件を

守るようにしましょう。

 

では24時間の中で、何時にどの科目を

行うのが効果的なのでしょうか。

これも随時みていきましょう!

 

 

勉強すべき科目の効果的な時間

 

 

睡眠前は暗記科目に有効な時間です。

 

なので、社会・英単語・古文単語

学習するのがおススメです。

 

午前中に関しては

睡魔に邪魔されない時間です。

 

ですので午前中は論理や思考力が

必要な科目を学習すると良いでしょう。

 

おススメの科目としては、

数学・国語・化学・物理です。

 

起床直後は暗記科目には向かないので、

簡単な計算問題や復習をするのがベストです。

 

以上で勉強すべき科目の効果的な時間

は分かりました。

 

最後に睡眠時間はどのくらいが

ベストか考えていきましょう。

 

適正な睡眠時間はどのくらいか

 

 

実は睡眠時間は

個人差がとても大きいので

 

ベストな睡眠時間は

はっきりとは答えられないです。

 

ちなみに平均的なのは

6時間~7時間くらいです。

 

ですが中には

ショートスリーパーと言われる人もおり、

2時間~3時間の睡眠で過ごす人もいますし

10時間くらい寝ないときがすまない人もいます。

 

どうやら個人差は遺伝するようで、

なかなか睡眠時間を変えようと

努力しても変わらないかもしれません。

 

ですが、

1日の効果的な勉強法を強化するためにも

自分にとって正しい睡眠時間を

見極める必要があります。

 

なので自分の固定観念は一度捨てて

睡眠時間の常識を変えてみてください。

 

僕自身、長時間寝ないと体に良くないし

勉強も頭に入らなくなると信じていました。

 

ですがこの効果的な勉強法を強化したいため

色んな睡眠時間を試した結果、

 

4~5時間ほどで十分

だということに気が付きました。

 

受験生の皆さんはぜひ

1日の効果的な勉強法を確立してください。

 

では!







  • この記事を書いた人
カメ吉

カメ吉

カメ吉ネット塾を運営しているカメ吉です。現在立命館大学在学。多角的な視点から、受験生へ価値ある勉強法を提供します。

-成績アップ
-,

Copyright© カメ吉ネット学習塾 , 2018 All Rights Reserved.