やる気アップ 勉強力アップ術

受験勉強にやる気を見出す方法とは!?

更新日:



こんにちは、カメ吉です。

 

さて今回は受験勉強に対してやる気を見出す

方法についてお話していこうと思います。

 

受験勉強に対してやる気が出ない人は多いと思います。

 

どうしてこんなに勉強しなきゃいけないんだろう。

 

こんな気持ちになると、

勉強に取り組むまで時間がかかってしまいますよね。

 

努力しないと勉強に対してやる気はでないのでしょうか。

 

いいえ、違います。

 

実は簡単に勉強にやる気を見出す方法はあるのです。

 

いくつか見ていきましょう!

 

勉強にやる気が起きないのはなぜか

 

まず勉強に対してやる気が起きないのはなぜなのか、

これを踏まえたうえで、やる気アップに必要な方法を探っていきましょう。

 

目標がない

 

まず、勉強にやる気が出ない一つの理由として

目標がないことが挙げられます。

 

目標がないのであれば、勉強する意味も見いだせないのではないでしょうか。

 

勉強をすれば、行きたい大学に行けるチャンスがありますし

将来したいことに近づき、誰かを幸せにすることが出きます。

 

どんな目標でもいいので一つ作ってみましょう。

 

 

受け身で勉強をしている

 

高校3年間の授業を受け身で聞くことで、

主体的に勉強出来ていないことが

やる気の出ない原因ではないでしょうか。

 

高校生の場合、

3年間費やす時間の中で

勉強時間がほとんどを占めていると思います。

 

受け身で勉強するより主体的に勉強しましょう。

その方が記憶にも定着しますし、

勉強時間に価値が見出せます。

 

そうすると勉強に対してやる気が見出せるはずです。

 

 

苦手科目ばかりに手を付けている

 

苦手科目ばかり勉強してしまって

やる気が吸い取られてしまう場合もあります。

 

確かに苦手を克服することも大事ですが、

やる気がないと集中力もなくなってしまい、

勉強したくなくなるのであれば本末転倒です。

 

僕が大学で学んだ教育心理学という授業で

「特恵効果」というのがありました。

 

この特恵効果というのは、

苦手な部分をねちねちと悩むよりも、

得意な部分を活かす力が、全体的に

成績の伸びが上昇するというものです。

 

この特恵効果を使うことで

自信もつきますし、やる気や集中力もアップします。

 

まず勉強は得意科目から手を付けて

スタートするのが得策ですね!

 

戦略的な勉強でやる気をだす

 

あとは戦略的に勉強することです。

あなたの行きたい大学の科目配点を確認し

配点の高い科目、低い科目で勉強の優先順位をつけましょう。

 

ここで配点の高い科目を勉強しすぎてもいけません。

例えば文系の大学にあなたが受験するとします。

 

そこの大学が科す受験科目の配点は

国語250点満点、数学100点だとしましょう。

 

文系大学なので、国語で差はあまりつかないでしょう。

この場合理系科目である数学で合否の分かれ目が決まります。

 

そういう現象が近年起きています。

戦略的に勉強し、苦手科目でもやりがいをもって

学習すればやる気も維持できるでしょう。

 

では!







  • この記事を書いた人
カメ吉

カメ吉

カメ吉ネット塾を運営しているカメ吉です。現在立命館大学在学。多角的な視点から、受験生へ価値ある勉強法を提供します。

-やる気アップ, 勉強力アップ術
-,

Copyright© カメ吉ネット学習塾 , 2018 All Rights Reserved.